発表申し込み

発表申し込み・予稿の投稿はEasyChairから行ってください.

一般セッション,研究会セッション,ソフトウェア論文セッション

EasyChairにログイン後,発表のタイトル,著者名,概要等を入力します.タイトル等は予稿本文を記述する言語に合わせてください.(著者名の姓名が逆転する場合がありますが問題ありません).概要は,和文であれば200から400文字程度,英文であれば 150 語程度の長さとしてください.
予稿を提出するための Uploads という項目がありますが,発表申し込み時点では予稿は不要です.

発表申し込みに関して,以下の点にもご注意ください。

  • いずれのセッションも査読はありません.
  • 発表時間は質疑込みで,「短い発表」は15分程度,「普通の発表」は30分程度を予定しています.
  • プログラム編成の都合上,お申し込みいただいたセッションと異なるセッションでのご発表をお願いすることがあります.あらかじめご了承ください.
  • 同時投稿については大会同時投稿要領をご覧ください.

デモ・ポスターセッション

EasyChairにログイン後,詳細情報(タイトルや著者名,発表予定者や会員番号等)を提出してください.概要の欄にはタイトルをそのままご入力ください.また論文の投稿は不要です.

大会当日,会場にポスターをご持参ください.ポスターの展示場所等の詳しい情報については別途メールでご連絡を差し上げます.また,詳細が決まり次第ここでも情報を更新しますので適宜確認をお願いします.

予稿の作成

一般セッション,研究会セッション,ソフトウェア論文セッションにおける発表の場合は,講演論文原稿締切(2018年8月6日(月))までに予稿を PDF ファイルとして作成し,EasyChairから提出してください.

論文の執筆を行う際には,論文執筆キットをご利用ください.収録されている sample.tex ファイルが論文原稿の例となっています.このファイルは,ソフトウェア科学会「コンピュータソフトウェア」のスタイルファイル付属の「大会用論文」サンプル sample-TJ.tex に本大会用の修正を加えたものです.主な修正点は以下の2点です.(これ以外にも,大会用論文に不要な項目を削除するなどの変更を加えてあります.)

  • ファイル先頭部分を以下のように変更しています.1 行目は標準のファイルと同様の記述ですが,2 行目で大会年度を設定し,3 行目で 2 ページ目以降のページ番号の削除を指示しています.

\documentclass[T]{compsoft}
 \taikai{2018}
 \pagestyle {empty}
  • タイトル表示(\maketitle)行を以下のように修正し,1 ページ目のページ番号を削除しています.

\maketitle \thispagestyle {empty}

既に標準のファイルで作成を開始されている方は,お手数ですが上記2つの修正を行ってください.1 ページ目の先頭に「日本ソフトウェア科学会 第35回大会 (2018年度) 講演論文集」という表示があること,どのページにもページ番号が出ていないことをご確認ください.

予稿のページ数には制限はありませんが,長大にならぬよう心がけてください.またPDF のファイルサイズは 5MB 以下としてください.原稿執筆に関するその他の注意点は,執筆キットに同梱されている guide.pdf をご覧ください.

今後,英文誌や国際会議などへの投稿を予定されている方は,本大会での発表が既発表とみなされないような対処を行うことをおすすめします.たとえば,タイトルページのフッタに

"This is an unrefereed paper. Copyrights belong to the Author(s)."

のような文言を入れるのも一つの方法です.

\ejtitle{${}^{*}$ Title here
 \newline
 This is an unrefereed paper. Copyrights belong to the Author(s).
 }